技術情報

pentamロゴ

mettonロゴ

技術情報疲労試験

一定応力下における疲労特性

平面曲げ疲労試験

(1)目的

繰り返し一定応力を受けた時の疲れ限界を求める

(2)試験条件

試験項目 両手持ち曲げ疲労試験
試験方法 JIS K 7119準拠
試料形状 JIS K 7119 I号形 (4mmt)
周波数 30 Hz (1800cpm)
試験温度 23℃
繰り返し回数 最大107回まで
測定装置 繰返し曲げ振動疲労試験機 B-70型 (株式会社東洋精機製作所)

(3)結果

以下にS-N線図を示す。
発生応力が最大曲げ強さの1/4以下であれば、106サイクル以上の寿命があると考えられる。

疲労試験結果